ヴァイオリン教室を行いました

12月2日(水)に4年生を対象に、文化庁による「文化芸術による子供育成総合事業」として、ヴァイオリン教室を行いました。ヴァイオリンとピアノの演奏を聞いたり、ヴァイオリンについての説明を聞いたりしました。演奏では、校歌や子供たちに大人気のアニメの主題歌も演奏してくださり、子供たちは嬉しそうに歌を口ずさんだり手拍子をしたりしながら聞いていました。ヴァイオリンを初めてしっかり見たり聞いたりした子供も多く、ヴァイオリンの弦の太さや指で押さえる位置で音の高さが変わることなど興味津々でした。途中、校長先生がサプライズとしてヴァイオリンとピアノに合わせてリコーダーを演奏してくださいました。子供たちはとても満足したようすで「楽しかった」「また聞きたい」と教室に帰っても興奮が治まらない様子でした。

 

三味線教室

11月26日 6年生は三味線教室に参加しました。
滑川市出身の濱谷先生をお招きし、三味線の演奏を聴いたり、実際に演奏したりしました。
子供たちは日本の伝統楽器である、三味線の音に興味をもっていました。
そして、弾き方を丁寧に教えていただきながら、「新川古代神」を演奏しました。
慣れない手つきでしたが、友達と教え合いながら一生懸命演奏しました。
貴重な体験をすることができました。


高齢者疑似体験を行いました

11月13日(金)に4年生は、滑川市社会福祉協議会の協力のもと高齢者疑似体験を行いました。おもりの入ったベストやヘッドホン、ゴーグル等の装備を身に付け、高齢者の不自由な感覚のまま段差をこえながら歩いたり、財布からお金を出したりするなど、日常生活を体感しました。子供たちは「足腰が痛い」「お金の種類が見えない」と、高齢者の方の気持ちが少し分かったようでした。また、介助するペアの子供たちも手を差し伸べたり、周りの状況を教えてあげたりと、自然とお手伝いをする姿が見られました。この体験を、高齢者や体の不自由な方々との関わりに生かしていってほしいと思います。

3年生 跳び箱教室

 

 

11月4日(水)と17日(火)の2回、スタジオじゆうの高橋先生をお招きして跳び箱教室を行いました。

上手に跳ぶためのポイントや練習方法を教えていただき、正しい跳び方を意識しながら練習することができました。

踏み切りの仕方や手の着き方、跳び箱を押し切って飛ぶことなど、教えていただいたことを忘れないように、これからも続けて練習していきたいと思います。

練習を重ねるごとに、だんだんと跳ぶ姿がよくなってきたように感じます。苦手と感じていたり、跳べなかったりした子供からも「跳べた!」という声が聞こえてきました。初めて台上前転に挑戦させてもらった子供もいました。

 

「できた」「楽しい」という経験を積むことができるように、体育だけでなく様々な場面で支援していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

学習発表会を行いました

11月7日(土)に学習発表会を行いました。
新型コロナウイルス感染防止のため、1学年ずつ児童も保護者も入れ替えての発表会となりました。

1年生 「ことばをたのしもう」
1年生にとって初めての学習発表会。自分たちで考えた振りを交えながら大きな声で詩を発表することができました。

 

 

 

 

 

 

2年生 「ぼくらはみんな生きている」
国語や体育、生活や音楽の時間で学習したことを発表しました。2年生全員で合奏した「山のポルカ」では心をひとつに様々な楽器の音色を響かせることができました。

 

 

 

 

 

 

3年生 「三年とうげ」
国語の時間に学習した物語を劇にして発表しました。劇中には体育のマット運動や音楽の合奏もあり、テンポのよい発表となりました。

 

 

 

 

 

 

4年生 「これからの地球のために!~自分たちにできること~」
地球温暖化について調べたことや夏休みに実践したことを発表しました。自分たちにできることを発表し、おうちの人にも協力を呼びかけました。

 

 

 

 

 

 

5年生 「見つけよう!調べよう!伝えよう!ここが○○!キラリン滑川☆namerikawa☆」
滑川市の人・もの・場所・地形等について関心をもち調べたことをまとめて、ワークスペースに展示しました。一人一人の発表では、長所や魅力を伝えたい思いが溢れる発表となりました。

 

 

 

 

 

 

6年生 「UrashimaTaro~We all live together~」
外国語科で学習してきた英語を使い、英語版「浦島太郎」を劇で発表しました。難しい発音もありましたが、ALTや外国語専科の先生に教えてもらいながら練習を重ね、堂々と発表することができました。

 

 

 

 

 

 

児童の頑張りに温かい拍手をいただき、ありがとうございました。
新型コロナウイルス感染防止対策へのご協力ありがとうございました。

2年生 魚津水族館に行ってきました。

10月9日(金)、2年生は魚津水族館に校外学習に行ってきました。

午前中は、4つのグループに分かれて、飼育員さんへの質問と水族館の見学をしました。

子供たちは、事前に考えていた質問を飼育員さんにたずねて、魚津水族館にいる魚の種類や数の多さに驚いていました。初めて知ることがたくさんあり、とても勉強になりました。

水族館見学では、海の生きものだけでなく、川の生きものやジャングルにすむ生きものなど、珍しい生きものや見たことがある生きものを見つけては目を輝かせて観察していました。

午後からは、水族館の隣の公園で遊びました。

天気もよく、友達と身体を動かしたりお話をしたりしてとても楽しい時間を過ごしていました。

今回の校外学習で学んできたことを生かして、日々の学校生活をがんばっていこうと思います。

 

5年生 水産研究所見学&富山湾岸クルージング体験

5年生は10月下旬、水産研究所見学と富山湾岸クルージング体験に行ってきました。

コロナウイルス感染予防対策として、1クラスを2グループに分けての見学となりました。

 

水産研究所では、ノドグロやサクラマス、キジハタ、紅ズワイガニといった富山湾に生息する生物を見せてもらいました。それぞれの生態や、稚魚や成魚を飼育する際の大変さ等を知ることができました。

 

 

 

 

 

 

また観光遊覧船キラリンに乗船し、滑川漁港~早月川河口までクルージング体験をしてきました。

想像していたよりも速く航行する遊覧船に大興奮の子供たちでした。

早月川扇状地や早月川上流に架かる橋、魚津市と滑川市の海岸沿いの町並みの違い等、船上からだからこそ眺めることができる風景を体験することができました。

 

 

 

 

 

 

総合的な学習の時間で滑川市について調べている5年生の子供たちにとって、実りのある時間となりました。

5年生 宿泊学習へ行ってきました!

5年生は10月7日と8日の二日間、呉羽青少年自然の家へ宿泊学習に行ってきました。
1日目、自然の家に到着後はイニシアティブゲームを行いました。
一人では解決できない課題を、グループで協力して解決していくゲームです。
丸太ステップやバケッツボール等、どうしたら課題をクリアできるか、班で試行錯誤しながら行いました。宿泊学習最初の活動、班で協力して頑張ろうという気持ちが高まりました。

 

 

 

 

 

 

午後からは池遊び。ターザンロープやいかだ遊び等、普段なかなか経験できない遊びに大満足の子供たちでした。

 

 

 

 

 

 

2日目はあいにくの雨の中、カレーライス作りに挑戦!班のみんなで協力して作りました。
なかなか火が起きなかったり、起きてもすぐ消えたり・・・と苦戦する子供たち。班のみんなでどうしたら火がつくのか相談しながらおいしいカレーができるように頑張りました。

 

 

 

 

 

 

この2日間は普段の学校生活を振り返るよい機会となり、学校ではできない経験をたくさんすることができました。
この経験を生かして今後の学校生活がよりよいものになることを期待しています。

6年生 小学校最後の宿泊学習に行ってきました!

1泊2日、小学校最後の宿泊学習に行ってきました。

今回は、新型コロナウイルス感染対策をしっかり行いながら活動に臨みました。
来拝山登山は、地面が少しぬかるむ中、友達と声を掛け合いながら最後まであきらめずにがんばりました。
やっとの思いで登頂したときの達成感はよい思い出になりました。

国立立山青少年自然の家では、たくさんの活動をしました。
夜の活動、キャンプファイヤーでは、火を囲んで楽しいゲームをしながら、将来の夢や中学校でがんばりたいことを発表しました。
ピザ作りでは、役割分担をして一生懸命作りました。どの班のピザもとてもおいしかったです。

運動会を終えて、成長した子供たちの成長が見られる宿泊学習でした。
今回学んだことも、これからの日々の生活に生かしていきたいですね。


1年タブレット教室

9月28日(月)、30日(水)
1年生のタブレット教室がありました。
講師の岩井先生、佐藤先生から、タブレットPCの使い方を教わりました。
はじめに、タブレットを使うときの約束について聞きました。
おうちでもスマホやタブレットに触れる機会が多いためか、
「やさしく扱う」「濡れた手で触らない」等、子供たちから
たくさんの注意点を挙げることができました。

 

 

 

 

 

 

1回目は基本の操作である、電源の入れ方やシャットダウンの仕方等、
岩井先生の話を聞きながら正しく操作することができました。

 

 

 

 

 

 

2回目は、いよいよプログラミングです。
「スクラッチ」というソフトを使って、ネコのイラストを動かす操作を教わりました。
初めての操作で難しいことも、岩井先生に教えていただきながら楽しく取り組むことができました。
ネコを歩かせたり、「こんにちは」と言わせたりして自分の指示通りに動かすことができ、
子供たちからは「すごい!」と声が上がっていました。

 

 

 

 

 

 

今回の教室は2回で終わりですが、今後もタブレットで楽しく学習できるように
取り組んでいきたいと思います。

土器づくり

6月24日(水)に土器づくりをしました。
歴史の授業が始まり、昔の人々が使っていた土器について学習したばかりの子供たち。
とても真剣に自分だけの土器をつくっていました。
この後、乾燥、素焼きの工程を経て、自分たちが選んだ色を付けてもらい、焼き上がったら完成です。
土器が届くのが待ち遠しいですね。

滑川市学童体育記録会

 6月10日(水)に滑川市学童体育記録会を実施しました。例年は滑川市内7校の5・6年生が集まって陸上記録会を行うのですが、今年は各校での記録会となりました。

 6年生は少し残念な様子でしたが、休校明け3週間は真剣に練習をしてきました。5年生にとっては初めてのハードル走に挑戦。低い高さから少しずつ高さをあげて、練習をしてきました。

 5年生も6年生も練習の成果を発揮しようと、全力で走り切ることができました。

 

 

 

 

 

 

 

滑川市学童体育記録会に向けて

 来週行われる、滑川市学童体育記録会に向けて、6月1日(月)から本格的に練習を始めました。種目は、100m走と60mハードル走です。朝練習では、2つの種目に分かれてスタートの仕方や腕の振り方等の基本的なことを確認しながら練習しました。

 さらに、滑川市教育委員会からハードル走の指導のために、嶋川先生と広井先生に来ていただきました。実際に嶋川先生のお手本を見ながら真似をし、よりよくハードルを越えようと頑張る姿が見られました。水曜日にも来ていただきます。

 記録会まで、短い期間ですが、よりよい技能を身に付けて、自分の力を全て出すことができるように練習をしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

1年生入学おめでとう!

 4月に入学式を終えた1年生ですが、すぐに休校期間に入ってしまい、学校のこと、そして友達のこと、いろいろなことが分からないままでした。そこで、6年生が1年生に「学校のことを知ってほしい」「入学おめでとう」という気持ちを込めて、学校探検や一緒にクイズ、ゲームを楽しみました。これからも休み時間に一緒に遊んだり、活動できたらいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 12