租税教室

1月15日(水)に、魚津市公益財団法人の法澤さんをお招きして、6年生で租税教室を行いました。

普段何気なく払っている消費税がどのように使われているのかをスライドで説明されました。また、消費税以外の税のことや税金がなくなったらどうなるかをクイズやビデオを用いて分かりやすく説明してくださいました。

富山県の税収額や滑川市の税収額の大きさ等、金額についても詳しく教えていただき、驚いていました。

子供たちは、自分たちの生活と税金が関わりあっていることに気付き、税金への関心を高めていました。

 

戦争体験者による語り部派遣事業

12月16日(月)に講師の稲垣よし子先生をお招きして、戦争体験を6年生の子供たちに語っていただきました。実際に富山大空襲の中から、命がけで逃げのびた体験を基に子供たちにも分かりやすいように、表情や手ぶりをつけて話してくださいました。

また、実際に焼夷弾や当時の教科書等を子供たちに見せながら当時の様子を伝えてくださいました。

子供たちは、興味津々に手で触ったり読んだりしながらお話を聞いていました。

戦時中の写真には、焼け野原になった富山市の様子ものっており、現在では考えられないような悲惨な状態を目の当たりにして、戦争の恐ろしさを感じとっていました。

最後に稲垣先生から「戦争のない平和な令和の時代を、あなたたちがつくっていってください」というメッセージをいただきました。子供たちはしっかりとこのメッセージを胸に刻み、これから平和について考えながら過ごしてくれることでしょう。

12月の行事予定

3日(火) 臨時校時、3年校外学習〈博物館〉

4日(水) 4年ヴァイオリン演奏鑑賞(音楽活性化推進事業)、1年パソコン教室

5日(木) 子供と向き合う時間、集金日

6日(金) 臨時校時、1年手洗い講座、5年書道教室

7日(土) 〈土曜授業〉5年親子活動

10日(火) 6限なし

11日(水) 臨時校時、1年パソコン教室

12日(木) 子供と向き合う時間、2年幼保小交流

16日(月) 6年戦争語り部体験

17日(火) 個別懇談会① 児童下校12時50分

18日(水) 個別懇談会② 児童下校12時50分、2年パソコン教室

19日(木) 個別懇談会③ 児童下校12時50分

20日(金) 町内児童会、6限なし、集団下校

23日(月) 給食終了、大掃除

24日(火) 終業式

25日(水)~令和2年1月7日(火) 冬季休業

1月8日(水) 第3学期始業式、書初大会、給食開始

子どもサミットに出席しました!

 11月19日(火)に第28回子どもサミットが行われました。本校からは児童会長と児童会副会長が参加し、滑川市が子どもからお年寄りまで住みよい街になるように話し合いました。

 1学期から今日に向けて、滑川市についての学習会や体験会が開かれ、参加する中で、滑川市の魅力を新しく知ることができたり、自分たちにはどのようなことができるだろうかと考えたりしてきました。

  

 今日は、自分が感じたことや考えたことを積極的に発言したり、他の人の意見を聞きながら西部小学校でできる取組を考えたりすることができました。子どもサミットで刺激を受け、新たな取組へとつなげようと意欲が高まりまっていました。

令和元年度秋季大運動会

9月14日(土)に滑川市立西部小学校の秋季大運動会が開催されました。令和最初の運動会として、『笑顔で三つの花を満開に』のスローガンのもと、児童一人一人が一生懸命競技や演技に取り組みました。

   

天候にも恵まれ、各競技をはじめ、応援合戦、新川古代神も無事に終えることができました。結果は、競技の部では青団、応援の部では黄団が優勝しました。55年ぶりに新調された優勝旗が青団団長に渡されました。運動会の開催にあたり、朝早くからPTAをはじめ、多くの方々に参加、協力していただきました。また、あたたかい声援をいただき、子供たちは最後まで頑張りぬくことができました。本当にありがとうございました。

   

2学期スタート!

9月2日(月) 2学期の始業式が行われました。

朝の教室では、夏休みの思い出を話し合ったり、創意工夫工作や自由研究を見合ったりする子供たちがいて、充実した夏休みを過ごした様子が伝わってきました。

始業式では、校長先生から「脳がよくなる5つのミッション」についてのお話がありました。

脳をフルパワーで活躍させて、3つの花をたくさん咲かせましょう。

2学期は行事もたくさんあります。勉強や生活に目標をもち、生き生きと過ごしてほしい思います。

始業式の後は新しいALTのジェイコブ先生の紹介がありました。元気いっぱいの先生で、英語の学習が楽しみですね。

そして、西部っ子に新たに仲間が入ったので紹介がありました。一日も早く西部小学校に慣れ、たくさんの友達ができるといいですね。

6日(金)まで、校内夏休み作品展が行われます。

夏休みに子供たちががんばって作ってきた工作や自由研究等をぜひ見に来てください。

 

西部小学校駐車場開きの会

 

昨年から着工した駐車場が完成し、いよいよ

使用できるようになりました。

上田市長、市教育委員会、地域の方々が集まり

完成のお祝いをしました。

PTA会長、児童代表が駐車場の安全について

誓いました。

いよいよ6月5日から使用できるようになります。

保護者、地域の皆様、安全に留意されましてぜひ

ご利用ください。

※排水のために傾斜の強い構造となっています。

駐車する際、必ずサイドブレーキをお願いします。

 

 

入学式

4月5日(金)に入学式が行われ、2~6年生が楽しみに待っていたピカピカの1年生72名が少し緊張した面持ちで西部小学校にやってきました。玄関から入ってくるときは緊張していた1年生ですが、受付で6年生のお兄さんお姉さんに名札を付けてもらったり、教室まで連れて行ってもらったりして、少し緊張が和らいだ様子でした。

式では、自分の名前を呼ばれたときに元気よく大きな声で返事をしている児童がたくさんいたり、6年生が行った歓迎の言葉での3つの花についての話に真剣に耳を傾けたりしていました。これから西部小学校でどんな活躍をするのか楽しみです。

 

        

着任式・始業式

4月5日(金)に着任式と始業式が行われました。

着任式では、上田校長先生、辻先生、川岸先生、椎名先生、清森先生が新しい西部小の先生として、子供たちに挨拶をしました。子供たちは新しい先生方の話を真剣に聞き、これからの学校生活に期待を膨らませてました。

始業式では、校長先生から3つの花についてのお話がありました。西部小学校の伝統として脈々と引き継がれている「ほかほか花・にこにこ花・きらりん花」を今年の西部っ子もたくさん咲かせてくれることでしょう。

その後は担任発表を行い、各クラスで学級開きを行いました。子供たちは担任の先生の思いを聞き、これから1年間の目標をもったり、それを達成するために何をするかを考えたりしました。本当にたくさんの子供たちが、校長先生や担任の先生が話されたことをしっかりと意識していました。新年度初日から、西部小学校がすてきな花でいっぱいになりました。

 

  

 

離任式

3月28日(木)に離任式が行われました。
お世話になった清田校長先生、前田教頭先生、森岡先生、関口先生、植野先生、河合先生とお別れをしました。6名の先生方の挨拶の後、代表児童からお礼の手紙と花束の贈呈が行われました。
児童たちは先生方との別れを惜しみながら、今までの感謝の気持ちを伝えていました。
お世話になった先生方、ありがとうございました。

平成30年度修了式

 

 

はじめに各学級の児童代表に校長先生から修了証が手渡されました。

式辞では「みなさんはできなかったことができるようになったり、係や当番の活動が上手にできるようになったり、4月とは比べものにならないくらい成長しました」「成長した1年を振り返り反省し、もっとよりよくするにはどうしたらいいか考えましょう」と話されました。

児童のみなさん、春休みの注意を守って、4月4日元気に目当てをもって登校しましょう。

みんなで待っています。

続いて離任式が行われました。

4人の先生方たいへんお世話になりました。

次の学校でもお体に気を付けられ頑張ってください。

 

 

 

 

平成30年度卒業式

3月18日(月)澄みきった青空の下、平成30年度卒業式が行われました。

  

担任の先生が一人一人の名前を読み上げ、校長先生から卒業証書が授与されました。

  

 

式辞で校長先生は「6年間、家庭の愛情と地域の温かい思いやりに支えられ、勉強や運動に頑張り心と体が成長しました。特に今年度は児童会や登下校で下級生の世話をして6年生としての責任を果たしました」と褒めてくださいました。

また宮沢章治『行為の意味』を紹介され、人を思いやる優しさ、行動することの大切さを話されました。

教育委員さんやPTA会長さんにも祝辞をいただきました。

  

卒業式のクライマックス「門出のことば」です。

卒業生一人一人が6年間の思い出と未来への決意を堂々と語りかけました。在校生は卒業生に感謝のことばを発表しました。

 

在校生の歌「すてきな友達」

卒業生の歌「変わらないもの」

最後は校歌です。体育館いっぱいに歌声が広がり、式に参加された方々は感動しました。

 

いよいよ卒業生の退場です。

卒業生のみなさん中学校へ行っても元気で頑張ってくださいね。

  

  

  

  

 

今年度最後の学習参観「いのちの授業」「二分の一成人式」を行いました

4年生は2月16日(土)の今年度最後の学習参観の日に、「いのちの授業」「二分の一成人式」を行いました。

1時間目の「いのちの授業」では、助産師さん2人をお招きし、各クラスで自分たちの命の始まりの大きさを学んだり、どのように自分たちが誕生したかを学ぶことができました。子供たちは、一人一人が生きる力と知恵をもって、がんばって産まれてきたことを知り、うれしい気持ちになっていました。触れ合いタイムでは、照れくさそうに小さな赤ちゃん人形を抱っこし、小さな命の大切さを実感することができました。

3時間目の「二分の一成人式」では、子供たちは、今までの自分を振り返ったり、家の人にインタビューしたことから感じたことを「4年生の思い」として発表しました。一人一人の発表には、小さかった時の懐かしい思い出や、家族に対する感謝の気持ちがたくさんありました。

4年生66人が、緊張感をもって自分の言葉に気持ちを込めて発表することができました。

高学年への大きな一歩を踏み出す子供たちにとって、とても貴重な時間となりました。

ご参観いただきありがとうございました。

 

 

かまぼこ工場に行ってきました!(3年生)

2月5日(火)に社会科の学習でかまぼこ工場に出かけました。かまぼこ工場では、よりよい製品を衛生的に気を付けて作っている様子やかまぼこの歴史について学びました。かまぼこ作り体験では、魚型の下地の上に思い思いのデザインを加えました。かまぼこ細工の難しさを体験し、働いている人の工夫と苦労を実感することができました。

1 2 3